投稿テスト
b0190061_12531613.jpg

1枚目、iPhoneの写真

b0190061_12531716.jpg

2枚目、一眼レフの写真

b0190061_12531765.jpg

3枚目、ゴープロの写真

b0190061_12531757.jpg

4枚目、iPhoneのパノラマ

b0190061_12531823.jpg

5枚目、一眼レフで撮ってパノラマ合成したやつ


投稿テスト
写真5枚載せるとアプリ重くなる(笑)

[PR]
# by pman98en | 2015-05-30 12:44
毎年恒例、石鎚山へ紅葉を求めて登ってきた話
西日本最高峰である石鎚山、
初めて登ったのは2009年10月4日の事。

職場の社長に「絶景やけん行ってみ」とそそのかされて
その日の仕事が終わってすぐに道順などを調べたりして
何とかなるだろうと安易な考えで思い立ち
初めて走る暗い夜道をブイブイ×2 車で走り
どうにか土小屋へ着き、その勢いで真っ暗闇の登山道を
「この道で合ってるのだろうか?」と心配になりながら登ったのを覚えてる。


ヘトヘトになりながらも奇跡的に頂上に着いたら
そこには朝日を待つカメラマンがびっしり並んでいて驚いた。
そして休憩することなく空いてる場所を探してカメラを構えた。
ぎゅうぎゅう詰めだったので三脚は全開にすることはできなかったけど
手持ちでは寒さで手が震えててまったく話にならなかったので
無理をしてでも三脚を使ってよかったと思う。

b0190061_092472.jpg


この写真を撮ったのが全ての始まりである。
それから毎年、紅葉時期には必ず石鎚山へ登るけど
これより素敵な朝焼けになかなか出会えない。
というか良くこんな写真撮れたなと当時の自分に問いたい。

そして朝日を撮り終えた頃に社長から電話があり
「まさか夜中のうちに登るとは思わんかった!
 ワシは石鎚スカイラインから土小屋に着いてこれから登るけん
 どっかですれ違うからおにぎりやらい♪」と言ってくれた。

しかし、その社長とは出会うことはなかった。

初めて石鎚山に登ったということは初めて石鎚山を下山するという事。
そして上りは真っ暗な中登ったので景色も何も分からない。

石鎚山は大きく分けて2つのルートの登山道があって
土小屋から登るルートと成就社からのルートがある。

そう、間違えて成就社ルートを一時間近く下山してしまった。
気付いた時は血の気が引いたのを覚えてる。
「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇマジでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」って

慌てて引き返してると社長から電話があり、
道を間違えていま必死こいて引換してるとこだと言うと本気で心配された。

今ではいい思い出だけど
当時は本当にヒーヒーハーハー言いながら下山したなぁ。




そんなこんなで今年も10月13日に石鎚山へ登ってきた。
日曜日しか休みがないので西条側から瓶ヶ森林道を通って土小屋へ。
一睡もせずに何時間も車を運転してそのまま登山するのも慣れてしまった。

毎年、何かしらハプニングがあるんだけど
今年も我ながらアンポンタンな間違いをしてしまい
土砂崩れで通行止めになってるのを気づかずに瓶ヶ森林道を登ってしまい
引き返してくる車に教えてもらい血の気が引いた。
「えぇー何でぇ??どうしよぉーーー!!」とか車の中で叫んでたような(笑)

そして引き返してきた車の運転手に別の道はないのか聞いたら
一旦下まで降りて、道の駅やらよさこい峠やら長沢ダムがどうとか教えてくれたので
スマホで教えてもらった単語と土小屋を入れて検索かけたら
とてもステキな方がホームページに長沢ダムからのルートを載せてるページを見つけて
それを頼りにスマホにナビしてもらいながらブイブイ走ったら奇跡的に土小屋へ着いた。

そしてその興奮冷めやらぬ中、ダッシュで頂上目指して登山したのを覚えてる。
仮眠しようという考えは全くなかった。

b0190061_0512293.jpg

b0190061_0533565.jpg


土小屋を2時半に出発してから頂上まで4.6キロほどを1時間半で登り
着いた時は三脚もまだ少なく星空がとても綺麗だった。

b0190061_055435.jpg

b0190061_0573960.jpg


今回は天気が良すぎてカラッカラの日の出だった。
うーん残念(TωT)

だけど、今回は墓場尾根の素敵な写真を撮りたいと思っていたので
(去年初めて墓場尾根へ向かい写真を撮ったけど天気は曇りだった)
まだ太陽が低いうちに上から見下ろせる場所へ向かった。



今回は写真の撮影とは別に、GoProHERO3を頭に付けて
迫力ある映像を撮ってみたいとも思っていた。
今年の夏に買ったもののあまり使う機会がなかったけど
こうして迫力ある映像を撮ることができてチョー満足(*´ω`*)ヒャッホイ!!

そうして寝不足で脚がおぼつかないなか、
墓場尾根(詳しくは何て言うのか分からないけど)を見下ろせる場所へ着き
アホみたいにテンション上がりながらパシャリ♪

b0190061_1341350.jpg

b0190061_1355048.jpg


この瞬間はホントに行って良かったと心から思う。
そして去年も思ったことだけど「標準レンズが欲しい!!!」と思った。
広角17-35ミリと単焦点50ミリと望遠70-200ミリの3本を持ってるんだけど
微妙にちょうどいい画角が無い!!!

安くてもいいからキヤノン純正の24-105位のレンズを買おうと思っていたけど
その予算はGoProへと消えていったんだよなぁ・・・

来年までには必ず!!!!





と、そんなこんなで無事に家路に着いた。


毎年思うけど、やはり休みが日曜日だけではシンドイ!
大工仕事を朝から晩までせっせとしたあとに夜な夜な登って写真撮って
ヘトヘトで下山してそれから更に車を運転して帰るのはそろそろキツいと感じだした。

さらに今年は、一週間前に仕事中の不注意で屋根から転落して
頭から出血して救急車で運ばれたあとだったので
家族から猛烈に反対されたなかの登山だったので
もしかしたら来年は登らせてもらえないかもしれない・・・




うーーん

無駄に長文になってしまったけど
先日の石鎚山の登山記録を書いてみた。
[PR]
# by pman98en | 2013-10-21 02:00 | 「 旅 」
昔使ってたPCの電源がついた!!
また日付が変わっての更新になってしまったぁー



二年以上前に壊れて動かなくなってた
デスクトップPCの電源を入れてみたら何故かついた!!
まさか普通に動くとは思わなんだ!!!

自分が昔使ってたDoblogのデータなどが残ってるので
ダメ元で倉庫から出してきて付けてみたんだけど
普通に立ち上がって泣けた(TωT)ウルウル


b0190061_092198.jpg



デスクトップきちゃないwwww

Doblogの初投稿が2004年9月とか!

まだ19歳やったぁーーー若いぃーー!!!



たちまちこのへんで、
昨日の疲れが残りまくり(TωT)シンドィ



9月9日、
朝から杉の梁桁や柱を加工して
お昼前からは地松のフローリング加工をしました。

写真撮っとかないけんなぁー
[PR]
# by pman98en | 2013-09-09 23:59 | 「日々の出来事」
日曜大工
もう日付は変わってしまったけど
日曜日は例のごとく日曜大工をしました。

b0190061_1452064.jpg


前日の夜に自動カンナ機で仕上げをした杉の羽目板に
米ぬか100%の自然塗料「キヌカ」を塗りました。
http://www.kinuka.co.jp/
塗料を塗っては良品とそうでないのとを選別してたら昼過ぎまで掛かってしまい
昼ごはんを食べに戻ったあとは天井の見切りを取り付けたり断熱材を入れたりしただけで
羽目板を貼るまでにはいきませんでした・・・。

b0190061_1503162.jpg


b0190061_1505490.jpg


だけど貼るくらいだったら平日の仕事終わりに出来なくもないので
それからまた工場へ行って羽目板の長さを大まかにカットしました。

それが終わって家に帰ると半沢直樹が始まってたので
晩御飯を食べながら見ましたとさ。



クタクタやぁーーーー
[PR]
# by pman98en | 2013-09-09 01:52 | 「日々の出来事」
肉体的にも精神的にも・・・
(;´ω`)=3
疲れるぅーー



今週はずっと加工ばっかしてました。
神経使うし力も使うしヘトヘト・・・

寸法などを間違えないようにするのは当たり前で
その中でさらに反りやねじれを直すよう慎重にしなければならない。

たとえそれが大量生産規模の量であっても
一本一本集中して機械に通さなければ現場の大工さんに迷惑がかかり
ウチに加工の仕事が来なくなってしまう・・・・・・



ハゲるわww



それとは別に家庭の問題も発生していて
最近寝不足で困る。





( ゜ω゜ )はっ!!
愚痴は書いたらアカン!!



b0190061_23532393.jpg




もうすぐ日付が変わりそうだけど
今日は9月7日でした。
仕事が終わったあとに、実家リフォームの材料の
天井の羽目板の超仕上げ加工をした。
明日は天井に見切りを取り付けたら羽目板を貼っていきます。





あぁ、まずは朝一に羽目板に塗料を塗らねばっ!!!!
[PR]
# by pman98en | 2013-09-07 23:55 | 「日々の出来事」


色々と書いていけたらなと思います・・・
by pman98en
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31